考古学・日本史研究室卒論演習

後期

10/3 伊藤康貴 鈴木美咲 東川美空
10/10 中尾真琴 佐野彩華
10/17 山岸伶嘉 今里香奈 相馬幹大
10/24 臼井真帆 角谷明穂
11/14 伊藤康貴 鈴木美咲 東川美空
11/21 今里香奈 相馬幹大 山岸伶嘉
11/28 中尾真琴 佐野彩華
12/5 臼井真帆 角谷明穂



前期

5/16 伊藤康貴「砂糖について-生産、加工、流通、消費の面から- 鈴木美咲「古代の有爾郷について」 東川美空「戦国期における北畠氏の権力と支配」
5/23 中尾真琴「異形局部磨製石器について」 相馬幹大「近世廻船による物流と地域社会」 佐野彩華「『七十一番職人歌合』からみる中世女性職人の活躍」
5/30 山岸伶嘉「弥生・古墳時代の蛸壺について」 今里香奈「近世年貢諸役の「在請」化の特質-紀州藩尾鷲組を事例に-」
6/6 臼井真帆「中世熱田社と国衙との関連性」 角谷明穂「中世北野社の流通について」
6/27 伊藤康貴「近世紀州藩尾鷲組における砂糖の流通と消費量変遷とその要因」 鈴木美咲「古代の有爾郷について」 東川美空「戦国期における伊勢国司の権威について-北畠親房と伊勢国司の関連性-」
7/4 中尾真琴「異形局部磨製石器について」 相馬幹大「近世廻船における積載法の特質」
7/11 山岸伶嘉「弥生~古墳時代の蛸壺漁について」 佐野彩華「中世女性職人の活躍」
7/18  臼井真帆「中世一宮制における熱田社」 角谷明穂「京都七口と北野社の関係」 今里香奈「紀州藩領における年貢諸役「在請」の特質-二分口銀の「在請」化-」
  赤は考古の学生、は中世の学生、黒は近世の学生です。