考古学・日本史研究室卒論演習

前期

5/10 新田健一郎「紀州藩尾鷲組における非人番の役割」 市川佳苗「死刑制度と身分差」 郷原匠「忍者と修験道・陰陽道の関わり」 横前大貴「室町期髪切りの流行背景とその解釈」 
5/24 川瀬智恵「近世庶民の服装について-京都市中を中心に-」 臼井真帆「伊勢国一宮の変遷過程」 宮崎茜「怪異の中の動物 蛇怪の示すもの」  
5/31 水谷奈津子「紀州藩奥熊野における囲米制度の概要」 江口愛実「三重県における装飾付須恵器の様相」 吉川昂希「伏見稲荷社にあてた秀吉の狐狩の命令について」  
6/7 今和泉眞「中世武士の死生観と倫理について」 岡森大祐「戦国期における軍師について」 廣瀬有紀「近世神社信仰の重層性-紀州藩尾鷲地域を事例に-」  
6/21 市川佳苗 郷原匠 横前大貴   
6/28 川瀬智恵 臼井真帆 宮崎茜  
7/5 水谷奈津子 江口愛実 吉川昂希  新田健一郎
7/12  今和泉眞 岡森大祐 廣瀬有紀  
  赤は考古の学生、は中世の学生、黒は近世の学生です。