2018年度授業

教養教育授業

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 日本史B
にほんしB
Japanese HistoryB
授業テーマ 忍者の歴史
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 3, 4時限
開講場所
担当教員 山田雄司(人文学部)
YAMADA Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 忍者・忍術学
学習の目的 これまで日本史の研究からはまともにとりあげられてこなかった忍者について、どのような存在で、いかに変容してきたのか。具体的史料に基づき明らかにしていきます。
学習の到達目標 日本史上の諸問題について、新たな視点から考えていくヒントを得る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  •  主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養 
  •  専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 講義
授業の特徴
教科書 山田雄司『忍者の歴史』KADOKAWA、2016年
参考書 山田雄司『忍者はすごかった』幻冬舎、2017年
『月刊秘伝』編集部編『初見良昭 武神館の秘法』BABジャパン、2017年
山本武利『日本のインテリジェンス工作』新曜社、2016年
成績評価方法と基準 レポート40%、期末テスト60%
オフィスアワー 火曜日7・8限、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 忍者・忍術学
Key Word(s) Ninja Ninjutsu
学習内容 第1回 ガイダンス
第2回 忍者の概要 
第3回 「しのび」の実像
第4回 兵法から忍術へ
第5回 忍術Ⅰ
第6回 忍術Ⅱ
第7回 江戸の忍者
第8回 江戸時代の忍者
第9回 立川文庫
第10回 伊藤銀月の忍者研究
第11回 大正時代の忍者研究
第12回 藤田西湖の忍者研究
第13回 奥瀬平七郎の忍者研究
第14回 忍者映画
第15回 現代の忍者
事前・事後学修の内容 伊賀で講座を行っていますので、そちらにも積極的に参加して下さい。レポート作成にあたっては、伊賀に行ってもらいます。



科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 日本史B
にほんしB
Japanese HistoryB
授業テーマ 忍者の歴史
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 3, 4時限
開講場所
担当教員 山田雄司(人文学部)
YAMADA Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 忍者・忍術学
学習の目的 これまで日本史の研究からはまともにとりあげられてこなかった忍者について、どのような存在で、いかに変容してきたのか。具体的史料に基づき明らかにしていきます。
学習の到達目標 日本史上の諸問題について、新たな視点から考えていくヒントを得る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  •  主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養 
  •  専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 講義
授業の特徴
教科書 山田雄司『忍者の歴史』KADOKAWA、2016年
参考書 山田雄司『忍者はすごかった』幻冬舎、2017年
中島篤巳『忍者の兵法』KADOKAWA、2017年
山本武利『陸軍中野学校―「秘密工作員」養成機関の実像』筑摩書房、2017年
成績評価方法と基準 レポート40%、期末テスト60%
オフィスアワー 火曜日7・8限、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 忍者・忍術学
Key Word(s) Ninja Ninjutsu
学習内容 第1回 ガイダンス
第2回 忍者の概要 
第3回 「しのび」の実像
第4回 兵法から忍術へ
第5回 忍術Ⅰ
第6回 忍術Ⅱ
第7回 江戸の忍者
第8回 江戸時代の忍者
第9回 立川文庫
第10回 伊藤銀月の忍者研究
第11回 大正時代の忍者研究
第12回 藤田西湖の忍者研究
第13回 奥瀬平七郎の忍者研究
第14回 忍者映画
第15回 現代の忍者
事前・事後学修の内容 伊賀で講座を行っていますので、そちらにも積極的に参加して下さい。レポート作成にあたっては、伊賀に行ってもらいます。



人文学部授業

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本の歴史A
にほんのれきし えー
Japanese History A
単位数 2 単位
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本の歴史A
にほんのれきし えー
Japanese History A
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所
担当教員 山田 雄司(人文学部)
YAMADA,Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 日本歴史に登場したさまざまな怨霊を検討することにより、怨霊とはどのような存在だったか考察し、現代にまで伝えられてきた理由を解明する
学習の目的 これまでとは違った観点から日本の歴史に触れることで、さまざまな観点からものごとを考えることができるようにする。
学習の到達目標 高校までの日本史ではほとんど触れられることのなかった怨霊について認識を深めることにより、日本人とは何かという点について再考する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 講義
授業の特徴
教科書 山田雄司『怨霊とは何か』(中央公論新社、2014年)
参考書 小崎良伸『封印された天草四郎の怨霊』BookWay、2016年
小林威朗『平田国学の霊魂観』弘文堂、2017年
正木晃・川村易『いま知っておきたい霊魂のこと』NHK出版、2013年
成績評価方法と基準 小テスト20%、期末試験80%、計100%。(合計が60%以上で合格)
オフィスアワー 毎週火曜日14:40~16:10、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 怨霊
神観念
Key Word(s) Revengeful ghost
Notion of god
学習内容 第1回 ガイダンス
第2回 日本人の神観念
第3回~5回 怨霊の成立
第6回~8回 平将門
第9回~11回 菅原道真
第12回~14回 崇徳院
第15回 まとめ
事前・事後学修の内容 漢文を読めるようにしてください。


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本の歴史B
にほんのれきし びー
Japanese History B
単位数 2 単位
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本の歴史B
にほんのれきし びー
Japanese History B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所
担当教員 山田 雄司(人文学部)
YAMADA,Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 日本の歴史上発生した「怪異」について、それはどのようなもので、国家や社会にいかなる影響を与えたのか考察する。
学習の目的 朝廷・神社・寺院で発生した怪異について検討することにより、怪異が歴史上果たした役割について考察する。
学習の到達目標 高校までの日本史ではほとんど触れられることのなかった怪異について認識を深めることにより、日本人とは何かという点について再考する。史料読解力をつける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 講義
授業の特徴
教科書
参考書 小松和彦編『進化する妖怪文化研究』せりか書房、2017年
朝里樹『日本現代怪異事典』笠間書院、2018年
天理大学考古学民俗学研究室編『モノと図像から探る怪異・妖怪の東西』勉誠出版、2017年
清泉女子大学「日本文学と怪異」研究会編『日韓怪異論』笠間書院、2017年
成績評価方法と基準 小テスト20%、期末試験80%、計100%。(合計が60%以上で合格)
オフィスアワー 毎週火曜日14:40~16:10、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 怪異
Key Word(s) strangeness
学習内容 第1回:怪異とは
第2~3回:朝廷での怪異
第4~5回:陵墓での怪異
第6回~8回:伊勢神宮での怪異
第9回:石清水八幡宮での怪異
第10回:春日大社・多武峯での怪異
第11回 多田院・水無瀬廟での怪異
第12回 その他神社・寺院での怪異
第13・14回 さまざまな怪異 
第15回 不思議な現象
事前・事後学修の内容 漢文を読めるようにしてください。


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史演習A
にほんれきしえんしゅう えー
Japanese History Seminar A
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史演習A
にほんれきしえんしゅう えー
Japanese History Seminar A
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 3, 4時限
開講場所
担当教員 山田 雄司(人文学部)
YAMADA, Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 北野社家日記の精緻な読解を通して、中世の北野社の祭祀、神社組織と運営、朝廷・幕府との関係等を検討していく。
学習の目的 中世古文書・古記録の読み方、調べ方の基礎を学ぶ。
学習の到達目標 日本中世史で卒業論文を書けるようになるための基礎的技術を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  •  論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  • ○社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 演習
授業の特徴
教科書 『北野社家日記』1~8(続群書類従完成会、八木書店)
参考書 石原比伊呂『足利将軍と室町幕府』戎光祥出版、2017年
榎原雅治・清水克行編『室町幕府将軍列伝』戎光祥出版、2017年
河内将芳『戦国京都の大路小路』戎光祥出版、2017年
久野雅司編『足利義昭』戎光祥出版、2015年
成績評価方法と基準 授業態度30%、発表70%、計100%。(合計が60%以上で合格)
オフィスアワー 火曜日午後、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 日本歴史演習B
授業改善への工夫
その他 前・後期通じて受講してください。授業で使用する論文・史料はこちらで用意します。

授業計画

キーワード 北野社家日記の輪読
Key Word(s) Kitano shrine
学習内容 第1回:北野社についての解説
第2回:資料の調べ方について
第3回:卒業論文関係論文読み
第4回~第15回 『北野社家日記』輪読
事前・事後学修の内容 発表のための綿密な予習が必要である。


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史演習B
にほんれきしえんしゅう びー
Japanese History Seminar B
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史演習B
にほんれきしえんしゅう びー
Japanese History Seminar B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 3, 4時限
開講場所
担当教員 山田 雄司(人文学部)
YAMADA, Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 北野社家日記の精緻な読解を通して、中世の北野社の祭祀、神社組織と運営、朝廷・幕府との関係等を検討していく。
学習の目的 中世古文書・古記録の読み方、調べ方の基礎を学ぶ。
学習の到達目標 日本中世史で卒業論文を書けるようになるための基礎的技術を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  •  論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  • ○社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 演習
授業の特徴
教科書 『北野社家日記』1~8(続群書類従完成会、八木書店)
参考書 木下昌規編『足利義晴』戎光祥出版、2017年
山田康弘『足利義稙』戎光祥出版、2016年
永村眞『中世の門跡と公武権力』戎光祥出版、2017年
市川裕士『室町幕府の地方支配と地域権力』戎光祥出版、2017年
成績評価方法と基準 授業態度30%、発表70%、計100%。(合計が60%以上で合格)
オフィスアワー 火曜日午後、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目 日本歴史演習A
発展科目
授業改善への工夫
その他 前・後期通じて受講してください。授業で使用する論文・史料はこちらで用意します。

授業計画

キーワード 北野社家日記の輪読
Key Word(s) Kitano shrine
学習内容 第1回:北野社についての解説
第2回:資料の調べ方について
第3回:卒業論文関係論文読み
第4回~第15回 『北野社家日記』輪読
事前・事後学修の内容 発表のための綿密な予習が必要である。


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 3年次, 4年次
選択・必修 必修
授業科目名 日本文化研究
にほんぶんかけんきゅう
Studies in Japanese Culture
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 4年次
選択・必修 必修
授業科目名 日本研究総論
にほんけんきゅうそうろん
Introduction to Japanese Studies
単位数 2 単位
受講対象学生 2017年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 必修
授業科目名 専門PBLセミナーA(日本地域学セミナー)
せんもんPBLせみなーA(にほんちいきがくせみなー)
PBL Seminar A in Japanese Regional Studies
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所
担当教員 日本地域所属教員(代表:塚本明)
TSUKAMOTO,Akira
tsukamot@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 日本の地域・文化についての研究入門。
学習の目的 日本の地域・文化に関する各研究分野において、高度な専門研究が可能となるよう、基礎的な知識・技能を身に付ける。
学習の到達目標 日本の思想・歴史学・考古学・文学・言語学・地誌・社会学・民俗学などについて、基礎的な知識を得る。3年次以降の研究分野・研究テーマを考える手掛かりを得る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性 
  • ○共感 
  • ○倫理観 
  • ○モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  • ○課題探求力 
  • ○問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 講義
授業の特徴
教科書 必要に応じて各教員から指示する場合がある。
参考書 必要に応じて各教員から指示する場合がある。
成績評価方法と基準 レポート(5月初旬に提出)30%、期末試験70%。なお、レポート未提出者と4回以上の欠席者は、受験資格を認めない。
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画


キーワード 日本研究の総合科目
「裏と表」
Key Word(s)
学習内容 日本研究所属の教員が、統一テーマ「裏と表」に即して、各研究分野について講義を行う。教員によるリレー講義の前に、受講生には統一テーマに関する事前レポートを課す(5月初旬に提出)。レポートの執筆の仕方、注意事項については、オリエンテーションで説明する。提出されたレポートに対しては授業中にコメントを付し、また各教員との間で質疑応答の機会を設ける。カリキュラムの予定は以下の通り。

1~4:オリエンテーション、事前レポートの取り組み(塚本)
5~7:日本史・考古学
8~9:地理学、倫理学
10~13:日本語学・日本文学
14  :社会学
15  :質疑応答
事前・事後学修の内容


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2017年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修
授業科目名 専門PBLセミナーB(文化資源学)
せんもんぴーびーえるせみなーB(ぶんかしげんがく)
PBL Seminar B in Cultural-resources Studies
単位数 2 単位
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修
授業科目名 文化学セミナー(文化資源学)
ぶんかがくせみなー(ぶんかしげんがく)
Seminar in Cultural Study (Cultural-resources Study)
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 1, 2時限
開講場所
担当教員 ○吉丸雄哉、小澤毅、山田雄司、塚本明、村口進介、坂堅太、川口敦子
○YOSHIMARU, Katsuya
OZAWA, Tsuyoshi
YAMADA, Yuji
TSUKAMOTO, Akira
MURAGUCHI, Shinsuke
SAKA, Kenta
KAWAGUCHI, Atsuko
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 日本文化を通時的に考察する能力と、古文書・出土文字資料・金石文・古典籍・絵画資料などの文化的資料を扱える能力とを修得する。語学・文学と史学との垣根を越えて、さまざまな体裁の資料を横断し、それらを吟味する基礎的な力を養う。
学習の目的 今後学んでいくこととなる考古学・日本史・日本文学・日本語学の基本的技術を習得する。
学習の到達目標 考古学・日本史・日本文学・日本語学の資料の扱い方について習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  •  論理的思考力 
  •  課題探求力 
  •  問題解決力 
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 講義
授業の特徴
教科書
参考書
成績評価方法と基準 期末試験100%。欠席4回以上は不可。
オフィスアワー 各教員に連絡のこと。
受講要件
予め履修が望ましい科目 このセミナーを履修するにあたっては、2年次前期末までに、文化学必修科目「文学概論E~H」の中から最低限2単位、または「歴史学概論A・B、考古学・文化財学概論A・B」の中から最低限2単位を取得していることが望ましい。
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画


キーワード 考古学・日本史・日本文学・語学に関する基礎的技法
Key Word(s) the basic research technique of Archeology, Japanese history, literature, linguistic
学習内容 第1回    ガイダンス
第2・3回  小澤 毅  考古学
第4・5回  山田雄司 日本中世史
第6・7回  塚本 明  日本近世史
第8・9回  村口進介 中古文学
第10・11回 吉丸雄哉 近世文学
第12・13回 坂 堅太  近代文学
第14・15回 川口敦子 日本語学
事前・事後学修の内容


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史総合演習A
にほんれきしそうごうえんしゅうA
Seminar of the Japanese History A
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史総合演習A
にほんれきしそうごうえんしゅうA
Seminar of the Japanese History A
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所 考古学・日本史資料室(教養教育校舎4号館5階)
担当教員 塚本 明(人文学部)
山田雄司(人文学部)
小澤 毅(人文学部)
TSUKAMOTO, Akira
YAMADA, Yuji
OZAWA, Tsuyoshi
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 卒業論文継続指導
学習の目的 卒業論文作成のための方法と知識を学ぶ。
学習の到達目標 卒業論文作成のための方法と知識を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  • ○課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

感じる力=5% 考える力=50% 生きる力=20% コミュニケーション力=25%

授業の方法 演習
授業の特徴 能動的要素を加えた授業
教科書
参考書
成績評価方法と基準 受講態度および発表内容100%
オフィスアワー 随時
受講要件 日本史・考古学専攻で卒業研究に取り組む者。
予め履修が望ましい科目 日本の歴史、考古学の関連授業
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 日本史の諸問題
Key Word(s) Japanese History, Archeology
学習内容 考古学・日本史の基本問題を発表形式で学習する。
考古学・日本史で卒業論文を書く4年生を対象とする。

第1回:オリエンテーション、今後の予定の決定
第2~8回:各自1回目の報告
第9~15回:各自2回目の報告
事前・事後学修の内容 2回の演習発表を課すので、計画的に準備すること。


科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史総合演習B
にほんれきしそうごうえんしゅうB
Seminar of the Japanese History B
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 4年次
選択・必修
授業科目名 日本歴史総合演習B
にほんれきしそうごうえんしゅうB
Seminar of the Japanese History B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所 考古学・日本史資料室(教養教育校舎4号館5階)
担当教員 塚本 明(人文学部)
山田雄司(人文学部)
小澤 毅(人文学部)
TSUKAMOTO, Akira
YAMADA, Yuji
OZAWA, Tsuyoshi
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 卒業論文継続指導
学習の目的 卒業論文作成のための方法と知識を学ぶ。
学習の到達目標 卒業論文作成のための方法と知識を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  •  主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  • ○課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力 
  •  討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  •  社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

感じる力=5% 考える力=50% 生きる力=20% コミュニケーション力=25%

授業の方法 演習
授業の特徴 能動的要素を加えた授業
教科書
参考書
成績評価方法と基準 受講態度および発表内容100%
オフィスアワー 随時
受講要件 日本歴史総合演習Aを履修済みであること。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 日本史の諸問題
Key Word(s) Japanese History, Archeology
学習内容 考古学・日本史の基本問題を発表形式で学習する。
考古学・日本史で卒業論文を書く4年生を対象とする。

第1回:オリエンテーション、今後の予定の決定
第2~8回:各自1回目の報告
第9~15回:各自2回目の報告
事前・事後学修の内容 2回の演習発表を経て卒論となるので、計画的に準備すること。



大学院授業

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文社会科学研究科(修士課程)地域文化論専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修
授業科目名 日本中世史料論特講
にほんちゅうせいしりょうろんとっこう
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所 教養教育棟4号館5階 日本史資料室
担当教員 山田 雄司(人文学部)
YAMADA Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 忍術書の輪読を行います。
学習の目的 どのようなことが問題なのか自ら問題を発見し、厳密な史料解読により問題を解決していく能力を養います。
学習の到達目標 修士論文を書くにあたっての、史料読解力、論理的思考力を養います。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  • ○課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力 
  • ○討論・対話力 
  • ○指導力・協調性 
  • ○社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 演習
授業の特徴
教科書
参考書 高橋成計『織豊系陣城事典』戎光祥出版、2017年
小谷利明・弓倉弘年編『南近畿の戦国時代』戎光祥出版、2017年
戦国史研究会編『戦国期政治史論集 東国編・西国編』岩田書院、2017年
成績評価方法と基準 授業での発表
オフィスアワー 木曜日13:30~14:30、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 夜間の授業は隔週で行います。

授業計画

キーワード 忍術書
Key Word(s) Ninjutsu scroll
学習内容 第1回 忍術書とは何か
第2回~15回 忍術書の輪読
事前・事後学修の内容 発表レジュメの準備をしてもらいます。

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文社会科学研究科(修士課程)地域文化論専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修
授業科目名 日本中世史料論演習
にほんちゅうせいしりょうろんえんしゅう
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間
開講場所 教養教育棟4号館5階 日本史資料室
担当教員 山田 雄司(人文学部)
YAMADA Yuji
yyamada@human.mie-u.ac.jp
TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 忍術書の輪読を行います。
学習の目的 どのようなことが問題なのか自ら問題を発見し、厳密な史料解読により問題を解決していく能力を養います。
学習の到達目標 修士論文を書くにあたっての、史料読解力、構成能力、論理的思考力を養います。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性 
  •  共感 
  •  倫理観 
  •  モチベーション 
  • ○主体的学習力 
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養 
  • ○専門知識・技術 
  • ○論理的思考力 
  • ○課題探求力 
  •  問題解決力 
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力 
  • ○討論・対話力 
  •  指導力・協調性 
  • ○社会人としての態度 
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力
授業の方法 演習
授業の特徴
教科書
参考書 西尾知己『室町期顕密寺院の研究』吉川弘文館、2017年
生駒孝臣『楠木正成・正行』戎光祥出版、2017年
長谷川裕子『戦国期の地域権力と惣国一揆』岩田書院、2016年
成績評価方法と基準 授業での発表
オフィスアワー 木曜日13:30~14:30、場所山田研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 夜間の授業は隔週で行います。

授業計画

キーワード 忍術書
Key Word(s) Ninjutsu scroll
学習内容 第1回 忍術書の検討
第2回~15回 忍術書の輪読
事前・事後学修の内容 毎回発表のレジュメを準備してもらいます。